FC2ブログ

中山真季

中山真季

ムカルナス 中山真季
たいへんな事態に不安な毎日が続きます。
会員の中には医療関係、介護関係、スーパーやコンビニのお仕事やそれぞれ自粛されてる方も
それぞれの立場でこの困難に立ち向かわれていること深く敬意を表すとともに安寧をお祈り申し上げます。
そして今この時期にローズウィンドウからのメッセージ「ムカルナス」が届きました。
私にいま出来ることはこのローズウィンドウを皆さんにお届けすることです。
そして皆さんそれぞれの想いで様々な作用を受け取ってください。
お心をご自愛ください
                   中山 真季

新作「ムカルナス muqarnas」
ローズウィンドウの役割は人々の霊的生活を支え、世界をどう理解すればよいか――
世界の背後にある捉えにくい現実をどう把握すればよいかを伝えることにあります。
壮麗な教会やモスク、寺院 などは、ただその目的のために傾注された努力の遺産であり、
霊的視点によって形づくられています。
ムカルナスはイスラム建築で水平の層を平面と曲線で支えながら積み重ね、上が狭く下に広がった面の連なりは
天からの降下を表現し、霊的な光がシャワーのように降りそそいで地上で結晶化するという概念の表現です。
ムカルナスは文明化と引き換えに失われた霊的感覚を無垢の自然が持つ原始的な美を再構築することで補完し、
俗世にどっぷり浸かった人間を真剣な熟孝へいざないます。
このローズウィンドウは8回対称幾何学をベースに美の一貫性と多彩性、
統一性と多様性の相反する中心の「調和」を形づけました。
調和のとれたシンメトリカルな図形を幾何学パターンで視覚言語を伝えます。

ローズウィンドウを語りだすと長くなります(^-^)
またいつかセミナーでお会いしましょう。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply