FC2ブログ

中山真季

中山真季

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

中山真季

中山真季

ローズウィンドウは何の目的で誰が生み出したものでしょう。
本には書かなかった本来のローズウィンドウの本質についてお話しします。
本来のローズウィンドウを語る上で欠かせない人物がいます。ルドルフ・シュタイナー博士です。
科学・建築・医学・教育あらゆる分野で突出した活動を行い、人智学の創始者、
またサイコメトリストと呼ばれる博士です。
そのシュタイナー博士の根源的霊性論の影響を強く受け継いだのが、
クラフト作家でもあるヘルガ―・マイヤーブレーカー女史でした。
女史は様々なクラフトを紹介していますが表面的な美しさを狙ったものでなく、
しっかりと霊的な内実を備えたものを生み出そうとしました。
それを見た人、作った人が視覚や体感として作用するものとしてです。
幾何学模様と色の光が宇宙的法則性を知らせ、宇宙や霊的作用を導くものとして、
そして、女史が生み出したものが「ローズウィンドウ」です。
「ローズウィンドウ」は霊学的な世界とつながりを持つ「受容体」として生み出されたのです。
最初、私は何も知りませんでした。

【ローズウィンドウとの出逢い】
2006年秋、とりわけアートに興味があるわけではないのですが、
偶然「クリスマスクラフト&ローズウィンドウ」という本に出逢いました。
本のタイトルとは裏腹にローズウィンドウに関する記述がほんの数ページ書かれていました。
様々なペーパークラフトが紹介されていましたが、
このローズウィンドウが妙に気になって作ってみようと思い立ちました。
ところがあまりにも簡単な記述だけなので途中までしかできません。
それで完成をあきらめました。作り方がどうしてもわかりませんでした。

2007年、本のこともすっかり忘れていた頃、それは突然でした。
朝、私の脳裏に舞い降りました。「ローズウィンドウ」です。
作り方さえわからなかったのに、すべてがイメージとしてもたらされました。
「あっ、これだ!」思わず声がでました。
完成まで何時間かかったか覚えていませんが夕方近くになっていたような気がします。
それが、「薔薇とつぼみのモチーフ」です。作品名は後で私がつけました。
衝撃でした、最初見た本には教会のイメージしかないのに何故、薔薇なのか。
何より、図案作成どころか制作手順すら知らない私が、まずいきなり想像もしていない作品ができたのか、
私が作ったというより作らされたという感覚です。
次に来たのが「オルヴィエート大聖堂」です。そして、次々とローズウィンドウを作らされました。
この時、何気なく毎日を過ごしていた私に運命的な歯車が回りだすのを感じました。
それと同時に知ったのです、このローズウィンドウが何の目的で作らされたのかを。
メッセージのような舞い降りたものに私は動かされるようになりました。
私は社交的な人間ではなく、まして、人前で話すことなどできない人間です。
それが、いきなり教室を開催したのです。まわりの人はみんな驚きました。
音楽をしたことのない友達がいきなりライブを開催してステージに立っているような話です。
私に何がおこったのか、まわりは誰も理解できません。
次々と共感した人が習いにきました。気がつけば、都内3カ所で教室をするようになっていました。
レールの上を走りだした列車に乗っている感覚でした。立ち止まって考えている余裕を与えてくれません。
次々と舞い降りたローズウィンドウを多くの人に伝えよがメッセージからの使命です。
作品は簡単にできません。すごくエネルギーがいります。
そんなことなどお構いなしで次々と作品作りに追われていました。

突然、どこで知ったのか出版社の方が訪ねてきました。
「先生のローズウィンドウを出版させてください。失礼ですが、色々こちらでも調べました。
今まで類似する本や作品など全くありませんね、これは先生が考案した新しいアートですか?」
確かに、私が作った作品は世界中探してもありません。
「突然、舞い降りてきました」とも言えず、もともとの作り方も知らない私は「我流です」
としか答えられませんでした。
すぐに契約が交わされて、出版までさらに時間に追われる毎日が始まりました。
こうして出版の運びとなるのですが、これが後で私が苦悩して後悔する羽目になるとは想像もしていませんでした。
「はじめてのローズウィンドウ」が出版されました。
全国の書店に並ぶといっても、私のような無名作家のアート本は初版1000部としても、
その1000部でさえ売り切るのは2、3割の本ですと編集者から聞かされていました。
いきなり1000部どころか5000部までいきました。
さらに教室の問合せが急増し、ますます周りの状況が一変していきます。
私のホームページ、ブログのアクセスも急増し、ラジオ、雑誌の取材が舞い込みます。
そして、北海道から沖縄に至るまでローズウィンドウを作る人が増え、その本を基に教室をする人が増えてきたのです。
これでメッセージによる私の使命が果たせたと思った時、私はとんでもないことをしてしまったと気付いたのです。
本来、霊学的世界とつなげる受容体として生まれたのがローズウィンドウと知りながら、
出版社との話し合いのなかで、単なる誰でも作れるペーパーアートとして世に出したのです。
もし、これが別なものとして姿を変えていけばその元凶は私の責任です。
私のなかに神聖なものを踏みにじった恐怖が芽生えました。怖くなったのです。
その怖さはローズウィンドウがもたらす作用が私のキャパを大きく超えていると感じた瞬間でもありました。
さあ、これからローズウィンドウが注目を浴び本格的に広まろうとしているその時、私は突然、逃げようと思いました。
ローズウィンドウから逃げ出しました。
スケジュールをすべてキャンセルし、教室を閉鎖し、ホームページやブログを削除し、
自分の痕跡を消して、私は姿を消しました。
当時ローズウィンドウを始めていた人は突然、いなくなった私に驚かれたでしょう。
私を多くの方がその間探していたことも後で知りました。
これがわずか2年足らずの間に私の身に起こったことです。
久しぶりに会う友人にこの話をすると信じてもらえません。
「どうして本まで出して売れ出したとたん、突然あなたがいなくなるの?おかしいでしょ(笑)」
そうなのです。事実なのですが、最初から終わりまですべての出来事が「突然」「いきなり」です。

→次へ
関連記事
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。